サイズ別風呂敷の使い方

布団やシンブルベッドの上掛けには六巾・七巾風呂敷

風呂敷のサイズは巾という単位で表しますが、
六巾と七巾はそれぞれ、約2mと約2.3m四方の長さになります。

一般的な風呂敷は90cm四方の二四巾もしくは
約1m四方の三巾となります。

それに比べて、およそ2倍ほどのサイズになることから、
非常に大きく感じられるでしょう。

包む

2畳分の大きさになりますので、布団や座布団類、引っ越しの荷物などを包むのに便利です。

十分な長さがありますので、六巾は、掛け布団と敷き布団一式、七巾は、二組分の布団を包んでおくこともできます。

アパートやマンションに住んでいる方の場合、クローゼットや押し入れなどの収納スペースが十分に確保出来ない事情もあるでしょう。

見せる収納術として、風呂敷に包んで
部屋の中に包んで置いておくのも良い方法です。

インテリアコーディネイトの一環で、部屋の
雰囲気に合わせた色柄の物を使うと良いでしょう。

従来の無地の物、和風の伝統柄の物だけでなく、
若い方に好まれる洋風のキャラクターをプリントしている
製品も作られています。

ベッドカバーになる

洋風の生活が根付いていることから、ベッドを使っている方も多いでしょう。

ベッドのカバーとしても使えるので、朝忙しい時にベッド周りが片付けられない時でも、そのまま上にかけておいても良いでしょう。

不意の来客の時にも安心です。

七巾は風呂敷の中でも最大のサイズとなりますので、ダブルベッドの上掛けにも対応できます。

シングルベッドであれば、六巾でも十分でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)