サイズ別風呂敷の使い方

こたつの上掛けになる五巾風呂敷

一般的な使い方風呂敷は、ものを包んで結ぶのが一般的な使用方法として知られています。

ものの大きさによって、サイズを選ぶと良いでしょう。風呂敷の大きさは、巾で分けられています。

五巾は、いつはばと読みます。およそ一辺が170センチメートルです。

正方形の形状をしています。

同じ五巾風呂敷でも、やや大きめのサイズになると
175センチメートルあります。

ものを包んで結ぶスタイルの使用方法にも適していますが、
そのまま広げて生地として使用するのにも最適です。

代表的な使用例が、こたつの上掛けです。
こたつは、小さめならば一辺が80センチメートルほどで、
大きめならば120センチメートルほどです。

こたつの多くは、正方形ですから、風呂敷と同じ形状です。

ものを包んで結べるように丈夫な素材ですから、
こたつの上掛けとして使用しても、耐久性が発揮されます。

素材を確認しながら選ぶと良いでしょう。
撥水性能が備わっていれば、お茶や料理を
うっかりこぼしてしまったときでも、すぐに拭き取れます。

こたつカバー汚れにくい特性があるからです。

こたつの保温性を高めるために、ある程度の厚みのある布団を使用しているのならば、その上から掛けても
厚くなり過ぎず、重くもなりません。

厚さと重さを気にすることなく、断熱性を高めて保温性を維持するのに役立ちます。

なお、シーズンオフには、座布団を包んでおく使用方法もあります。

五巾のサイズならば、座布団を六つほど包めます。

座布団を数えるときは客を用いるので、
座布団を六客ほど包めると表現されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)