何でもできる!風呂敷の意外な使い方

物をまとめて収納しておくことや、持ち運ぶために
便利なアイテムが風呂敷です。

物を入れる形ではなく、包む形になるので、ある程度
大きさや形が異なっても対応できるという点が
大きなメリットです。

カバンになる

ものに合わせて使うことが出来る便利な入れ物と
いう形で使っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、単にモノをまとめるという使い方だけではなく、
意外な使い方をしてさらに便利に使うことが出来る
ようになるのです。

まず挙げられる意外な使い方で、手提げバッグと
して利用する方法があります。

これまでのように物を包んで持ち手を作るという
だけではなく、はじめから袋状になるように
畳んだ風呂敷の端に手提げ用の持ち手を
結び付ける方法です。

手提げバッグ

普通の手提げかばんのように、中のものを出し入れ
することが出来ます。

日常の中で活用しやすいということが出来るでしょう。

軽さももちろんですが、その都度持ち手に結び
なおせばよいので、その日のファッションなどに
合わせて適した風呂敷の柄を選び、手提げにして
利用するということが可能になるのです。

手提げにする以外にも、スカーフのように首に巻いたり、
帽子やカバンのワンポイントとして結びつけたり、
大きなものはひざ掛けにしたりという形で
ファッションアイテムとしても活用することが出来ます。

和風の柄ばかりではなく、洋風のものも多くありますから
洋風のファッションにも利用できるのです。

ぜひこうした使い方で風呂敷をより深く楽しんでみましょう。